ワックスと異なる点

部屋

違いを明確にする

自宅の床を綺麗にする方法にフローリングがありますよね。フロアコーティングと同様に綺麗な状態を保ちたいとの目的がありますが、この2つにはかなりの違いがあります。どちらの方法が自分にとって合っているのかは人によって考え方が違いますが、前もってワックスとフローリングの違いを明確にしておくと良いですよ。

比較してみよう

ワックスと大阪で施工するフローリングワックスでは、下記の違いがあります。

【ワックス】
・自分で施工する
・約1~2か月ほどの耐久性しかない
・滑りやすく、耐水性に優れていない
・メンテナンスを定期的に行なう必要がある

【フロアコーティング】
・専門の業者が施工する
・約20~35年ほど綺麗な状態が続く
・光沢の持続性も長く、優れた耐水性や防滑性を持っている
・メンテナンス不要

ワックスとフロアコーティングの違いについて、ある程度把握出来ましたね。簡単に綺麗にしたい場合は、フロアコーティングが良いでしょう。

ワックスのデメリット

ワックスを行なうメリットに費用の安さを挙げることが出来ますが、実際は定期的にメンテナンスをする必要があるので、長い目で見ればそれなりの費用は掛かってしまいます。また、DIYに慣れていない人や知識や技術がない人がワックスをすると、綺麗に仕上がらないことがあります。ワックスはこれらの点を考慮していきましょう。

フロアコーティングがおすすめです

上にも記載がありますが、フロアコーティングでは1回施工をするだけで、数十年間ほどメンテナンスをする必要がありません。加えてピカピカの状態も保てるので、大阪ではフロアコーティングを行なう家庭が多いです。長期的に考えると、施工をするのはフロアコーティングがおすすめになります。

人気のフロアコーティングの種類BEST5

no.1

UVコーティング

フロアコーティングの中でも、特に人気が高いのはUVコーティングとなっています。紫外線で固まることが出来る樹脂を使用しているので、比較的簡単に施工することが出来ます。また、耐水性や耐熱性など様々な環境に耐えることが出来て、施行後の見た目も綺麗です。

no.2

シリコンコーティング

アクリルやシリコン樹脂を使っているのがシリコンコーティングになります。高齢者や小さなお子様がいる家庭、ペットを飼っている家庭に向いていると言われています。天然物質を使用しているので、安全性に優れています。

no.3

ガラスコーティング

強力なガラス膜を床にコーティングする方法がガラスコーティングです。コーティングの中では、最も硬度が高くなってます。また、こちらも無機質の液体ガラスを使用しているので、ペットやお子様がもし床を舐めてしまっても安全です。

no.4

ウレタンコーティング

かなり前から行われているコーティングとなっており、大阪ではマンションなどで使用されています。傷が付きやすいという点も持っていますが、他の種類と比べても安い費用で施工することが出来るのが人気の秘密です。

no.5

セラミックコーディング

上記のコーティングと比較しても、セラミックコーティングは施工を実施している会社が少ないことから、認知度は低いです。耐久性に優れており、質の高いコーティング剤を使用しています。そのような背景から、費用は少々高くなっています。