長持ちさせる方法

床

長持ちさせるためには

フロアコーティングを1度施工してしまえば、特にお手入れは不要と思っている人が多いですが、綺麗な状態を長持ちさせたい場合は適したお手入れ法を実践する必要があります。実はお手入れの有無で今後の状態が変わってしまうのです。美しい状態を保ちたい場合は、お手入れ法について必見です。

重い物に気を付ける

床に厚い膜が出来るので、床自体に傷が付かないのがフロアコーティングの特徴になりますよね。ですが、重い家具を引きずる、重いものを落としてしまうとコーティング自体が傷ついてしまったり割れたりする恐れがあるので、注意が必要です。傷が付きにくいとはいえ、重い物には十分に気を付けて過ごすことを意識しましょう。

直射日光や湿度にも注意

重い物の他にも、直射日光や湿度にも気を付けないといけません。フロアコーティングを施工した床が長い時間日光に当たってしまうと、ひび割れや変色が発生してしまいます。そのため、カーテンなどを用いてなるべく直射日光を避けることです。また、湿度が高い場合とコーティングが剥がれることもあるので、湿度管理も大切です。

簡単なお手入れ方法

大阪では多くのマンションや戸建てでフロアコーティングが施工されていますが、正しいお手入れ方法をちゃんと把握している人が少ないです。そこで、お手入れ方法を確認していきましょう。まず、床のほこりを取り除くことから始めます。ある程度目立つほこりを取ることが出来たら、次は掃除機を使用して取れなかったほこりを除去していきましょう。そして、最後は雑巾で床を水拭きしたら完了になります。この3つのステップを行なうだけで、フロアコーティングを長持ちさせることが出来ますよ。

施工後のNG行為

お手入れをする際に、やってはいけない行為もあわせて紹介していきます。フロアコーティングでは、重曹による掃除は厳禁になっています。掃除をする際は重曹を使用する人が多いと思いますが、気を付けましょう。重曹の濃度を間違えてしまうと、フロアコーティングを傷つけてしまう恐れがあるので避けるべきです。掃除をしたい場合は、上で紹介している方法で行なうようにしましょう。

快適な生活を維持するためにお手入れは欠かせない

大阪でフロアコーティングを行なうと、色々な問題が解決して快適に毎日を過ごすことが出来るでしょう。見た目や安全を考慮する際は、フロアコーティングは欠かせない存在になります。そんなフロアコーティングですが、施工したら終了ではなくて今後のことも見据えて、正しいお手入れを行なうことも重要ですよ。